よく見つけてくれました!!

Toggle

行政関係者様へ


OVAは地方自治体の自殺対策の取り組みをサポートします
お問合せよりご所属とお問い合わせ内容をお聞かせください。
行政機関関係者向けメールマガジンを配信しております。
本ページ下部のフォームからご登録が可能です。

専門職研修
OVAでは精神保健福祉士・臨床心理士などの自殺の危機介入に関する知識と経験を有するスタッフが、
独自に開発したインターネット・ゲートキーパー活動(夜回り2.0)を行っている自殺の危機介入のプロフェッショナル集団です。
自殺予防に関する研修を提供可能です。専門職向けゲートキーパー研修を実施しております。
こちらよりお問い合わせください。

スーパービジョン
OVAはウェブ上で自殺ハイリスク者を特定し、ウェブ上での相談を通して支援機関につないでいます。
相談者の抱える問題は多岐にわたり、適切な分析のために援助要請、介入のノウハウを蓄積してきました。
自殺の危機介入の経験を積んだ専門職による個別事例のスーパービジョンが可能です。

スーパービジョン実績
・江戸川区(2016年から)
・各種企業様

各種コンサルティング
OVAは自殺ハイリスク者のウェブ上での特定から支援までの仕組みを構築して参りました。
OVAのネットワークと事業実績を活用し、
地域自治体の自殺対策計画策定のサポートや、検討委員会への参加を行っております

講演会の実施
OVAでは自殺予防に関する講演を国内外で実施させて頂いております。
講演会のご依頼はこちらからお願いいたします。

行政向け講演
実績
・横浜市金沢区
『「助けて」と言えない若者たち ~私たちができる「生きる支援」を考える~』約300名参加
・東京都庁 2017年3月8日
 『若者は何故「死にたい」に追い込まれるのか-ネットに助けを求める若者達-』約150名参加
・水原市自殺予防センター(韓国)2016年11月25日
 『日本におけるウェブでの若年層ハイリスク者アプローチ』
・2017世界自殺予防デー記念 韓日フォーラム(全南広域精神健康増進センター)
『日本におけるICTを用いた若者自殺対策』
・他多数

お問合せよりサービスのご提供とご相談を受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

メルマガで情報を受け取る

メールマガジンに登録すると、毎月の活動報告やイベントの案内を受け取ることができます。

FBで情報を受け取る

OVAはFacebookのファンページを持っています。 こちらで、定期的に情報を受け取ることができます。

今すぐ支援する

追い込まれ、耐え難い苦痛を抱え「自殺」を考えている 若者・子どもを見つけ、支えるOVAをサポートしてください。

夜回り2.0とは

アドテクノロジーによって自殺に追い込まれている人を特定し、現実の社会資源につなぐことを可能にした”世界的にも前例がない”ハイリスクアプローチです。

OVAについて

OVAは自殺リスクが高い人たちに対人援助職が直接関わる日本で数少ないNPO(非営利団体)です。
Return Top