よく見つけてくれました!!

Toggle

OVAの活動

誰もが「助けて」と言える社会の実現

OVAの3つの取り組み
必要な人に支援が届かない、困っている人が周りに「助けて」と言えない
「声なき声問題」を解決するために、私たちは3つの取り組みを行っています。

OVA3つの柱 (1)

生きるを支える
私たちは2013年より主に子ども・若者の自殺対策の事業を行ってきました。
複雑な問題を抱えて自殺に追い込まれるような深刻な状態にある人でも、
「ウェブからであれば相談できるのでは」と考えて始めたのが第1の事業、
相談事業(インターネット・ゲートキーパー事業)です。

相談事業について詳しく

支援を届ける
深刻な問題を抱える方たちからの相談を受けていく中で、
「もっと早い段階で問題が解決できたはず」であると私たちは考えました。

OVAが培ってきた、声にならない「助けて」を見つけて
支援を届けるノウハウを他の支援団体に共有しています。

第2の事業、アウトリーチ事業を通して他分野でも
支援を届ける仕組みづくりに関わっています。

アウトリーチ事業について詳しく

社会を変える
支援を届ける仕組みづくりのためには、団体同士の連携や
支援の現場の現状を、社会の仕組みに反映する必要があります。

自殺対策分野で取り組んでいるネットワークづくりや
ソーシャルアクションを今後も第3の事業として続けていきます。

ソーシャルアクション事業について詳しく