よく見つけてくれました!!

Toggle

お知らせ

【7月29日(土)】ソーシャルワーカー向け危機介入研修の申し込みを開始

私たちOVAは、2013年よりウェブ上での自殺ハイリスク者の特定と介入を行い、
4年間で600人以上の方から相談を受けるインターネット・ゲートキーパー活動を行ってきました。

活動を通して、現場で支援にあたっている対人援助職の方たちから、
「死にたいという声にどう対応すればいいのか」

「自殺のリスクをどう評価すればいいのか」といった声を多く頂いてきました。

本研修では、そのような疑問を解消し、
相談者の自殺のリスクを評価し、かかわり方の指針を得られることを目的としています。

自殺予防・自殺危機介入に関する実証的・統計的なデータと、
私たちの臨床経験に基づいた研修を提供いたします。

本ページ下部からお申込みいただけます。

開催概要
日時:2017年7月29日(土) 13時30分~15時30分(開場:13時15分)
場所:日本福祉教育専門学校 高田校舎224
参加費:3000円(学生2000円)
対象:都内の援助機関に従事する精神保健福祉士・社会福祉士の方。
(または来年から都内の援助機関で従事する見込みの方・学生可)
講師:NPO法人OVA代表理事/精神保健福祉士 伊藤次郎(プロフィール
後援:東京精神保健福祉士協会/日本福祉教育専門学校/NPO法人SocialChageAgency
助成:日本財団

プログラム内容
全120分の講座です。
講義1「臨床に生かすための自殺の統計と現状」30分
・自殺に関する統計的データ(疫学的事実)
・年間自殺者数/自殺率/自殺致死率と性別/自殺未遂率の性差
・自殺と年齢・職業・曜日・配偶者・遺書の有無/国際比較等

講義2「自殺のリスクアセスメント」30分
・自殺の危険因子と偽陽性について
・メディアと自殺(若者の自殺とウェルテル効果について)
・自殺の対人関係理論・自殺の危険性を本人から聞き出すポイント

講義3「自殺の危機にある人にどうかかわるか」60分
・自殺に追いつめられる心理(心理的視野狭窄/アンビバレント等)
・支援者の心理と自殺に関する信念/支援者の逆転移
・介入方法(ポイント)
・チームによる支援/バーンアウトの予防
・事例検討

お申込みフォーム

OVAの活動は皆さんの寄付によって成り立っています。寄付・参加を通じて命を支える活動にご参加下さい

その他のお知らせ