研修・講演情報

【中止】研修「若者の自傷行為をどう理解するか?」

【中止】新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、当研修は中止することといたしました(2020/2/26)



特定非営利活動法人OVAでは2017年度より「若者の『死にたい』にどう対応するか?」と題して自殺の危機介入研修を実施してきました。今回は「自殺」の関連領域の一つである「自傷行為」にスポットをあて、理解と対応について学ぶ研修を開催いたします。

開催概要

開催日時2020年3月11日(水)
開場 12:45
研修 13:00~16:00
開催場所 日本財団ビル2階 大会議室
東京都港区赤坂1-2-2
アクセス最寄り駅 東京メトロ 虎ノ門駅/溜池山王駅/国会議事堂前駅
参加費無料

対象

精神保健福祉士・社会福祉士・臨床心理士等で援助職の方
※専門性の高い研修となりますため、対人援助の有資格者の方に限らせていただきます

研修内容

第1部自傷行為の定義
自傷行為と自殺企図の違い~どういったものを自傷行為と捉えるのか~
第2部自傷行為を理解する
多次元から自傷行為を理解する~様々な切り口から自傷行為を捉えてみる~
第3部自傷行為のアセスメント
基礎的なアセスメント方法について~どこに注目して、アセスメントを行うか~
第4部事例検討
事例をもとにアセスメントをしてみる~何に注目しながら事例を捉えるか~
第5部自傷行為の対応
明日からできる基礎対応~かかわりを中心とした対応について~

研修講師 高橋英輔

特定非営利活動法人OV A 認定コンサルタント
精神保健福祉士・社会福祉士

【略歴】母子生活支援施設の少年指導員を経て、精神科単科病院に入職。精神科デイケア・外来・女子閉鎖病棟を担当した後、地域移行推進室に勤務。病棟再編に伴い、精神科急性期治療病棟の立ち上げに携わる。思春期・青年期版アンガーコントロールトレーニング(AnCoT)を活用した退院支援を行う。OVAでは、主に子ども・若者の相談対応を主として行っている。岩手県精神保健福祉士会研修協力委員(平成28年度~30年度)

お申込み方法  (当研修は中止いたしました)

助成元・ 主催・ お問い合わせ先

  • 助成 日本財団
  • 主催 特定非営利活動法人OVA
  • お問い合わせ先 event■ova-japan.org (■→@ へご変換ください。)

URL
TBURL
Return Top