お知らせ

【採用情報】相談員(常勤)募集

特定非営利活動法人OVAでは生活上の問題や心理的な危機にある若年層を主な対象に、メール・チャット(SNS)・電話等をつかった継続的な相談支援活動 「インターネット・ゲートキーパー活動」を行っています。

OVAでは今後、複数の自治体よりインターネット・ゲートキーパーの事業委託を受ける見込みです。一人でも多くの「助けて」と言えない子ども・ 若者たちを支えるべく、コンサルタント(相談員)を募集いたします。
100時間程度以上の研修を行いますので、インターネット相談や自殺の危機介入の経験がない方でもご安心ください。

ご応募いただける方は、以下の募集要項をご確認いただき、 「応募の流れ」に従ってご応募ください。

職種 コンサルタント(常勤)

雇用形態 常勤 ・有期契約職員
業務内容原則、Aの基本業務のみを担っていただきますが、能力・意欲に応じ、Bの業務も行っていただく場合がございます
【A:基本業務】
・メール・チャット(SNS)・電話・対面等を使った相談業務
・自治体への報告書作成及び、各種公的機関との会議・折衝
【B:能力・意欲に応じた業務】
・自殺の危機介入研修等、研修の開発/講師業務
・対人援助職へのアドバイザリー業務
賃金時給月給制
(試用期間) 1,750円/時給 × その月の実労働時間
(試用期間後)2,000円/時給 × その月の実労働時間
※週5日、1日7時間勤務を原則とします(ひと月あたりの目安の給与は月140時間勤務であった場合、試用期間中は245,000円程度、試用期間後は280,000円程度となります。月による暦日数の違い・実労働時間の実績により、額面は月ごとに異なります)
※昇給は、職務遂行能力と法人の経営状況により実施する場合があります
契約期間契約日~2022年3月末日(更新する場合があります)
※入職から概ね3か月間は試用期間となります。試用期間は短縮・延長の可能性があります
※試用期間中・後に本採用とならない場合があります
勤務地在宅 又は 高田馬場事務所(東京都新宿区高田馬場四丁目1番7号市川ビルデンス501)
・高田馬場事務所は移転を予定しており、2021年~事務所所在地が渋谷となります
・新型コロナウイルス感染症対策の一環として、在宅勤務が原則となりますが、月に数回程度は高田馬場・渋谷の事務所に通勤できる距離にお住まいの方が望ましいです
その他交通費実費支給 (月額30,000円上限)
社会保険完備(労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金保険)
採用人数2名程度
勤務時間1日の所定勤務時間 9:00~22:00のうち、シフト制により決定(実働7時間・休憩1時間)
1ヶ月の所定勤務日 シフト制により決定(週5日勤務 ※土日祝に勤務可能な方歓迎)
1ヶ月の所定総勤務時間 7時間×当該月の所定勤務日数(概ね月間140時間前後)
※時間外労働 原則ありませんが、法人の指示により業務をお願いする場合があります
休日シフト制により決定(週休2日制)
休憩シフト制により決定(1時間)
休暇年次有給休暇ほか、就業規則で定める休暇
雇用元特定非営利活動法人OVA

相談員の声

30代前半男性
(保有資格)
社会福祉士  精神保健福祉士
(臨床経験)
精神科臨床(精神科病院)約5年
OVAでの相談業務 約1年半

コメント:
2018年2月より非常勤職員としてOVAに入職し、2019年1月より常勤職員として相談活動を行っているTと申します。OVAの常勤職員になるまでは、岩手県の精神科病院で精神保健福祉士として勤務していました。今回の募集と同じように事業拡大のタイミングで常勤の声がかかり、右も左も分からないまま岩手県から転居してきました。

現在、OVAではメール相談のほか、必要に応じてチャットや電話、対面での相談活動を行っています。また、事業を受託している自治体への報告や会議での事業説明、各関係機関との連携業務を行っています。メールなどのテキスト中心での相談者とのやり取り以外は、他の様々な機関で行われている相談員の業務と大きな違いはないかと思います。

OVAで活動しはじめて驚いたことは、どこにもつながっていない相談者がとても多いということでした。これは、支援機関などの待つ側の立場からではぼんやり想像しかできないことでしたので、その現実に直面した瞬間は言葉にならなかったことを覚えています。

しかし、こういった声なき声にリーチして行けることがOVAの強みであり、やりがいなのかなとも思っています。どこの支援も上手くつながらず、最後の受け皿としてOVAがつながる。そのつながりが新しいつながりの出発点になる可能性があることも、OVAでの実践の魅力と思います。

OVAの想定している相談の特性上、円満に相談が終結することは少ないと感じています。メールが返ってこないことも多いですし、毎日と言って良いほどに対面での相談活動とは違った難しさにぶつかります。

それでも相談者からの「生きたい」や「話せてよかった」といった声や、現実場面で支援が動き出したときなどは、改めてOVAの存在意義を強く意識する瞬間でもあります。

そういった瞬間を共有しながら、一緒にOVAで活動してくださる方をお待ちしています。

求める人物像

相談者に対して共感的なかかわりができる方
心身ともに健康な状態であること/喫煙しない方
・国内・海外の対人援助職のライセンスを有すること(必須)
(例:精神保健福祉士・社会福祉士・臨床心理士・保健師・看護師・医師 等)
※原則的にライセンスがない方のご応募はお断りしております。ご不明なことがあれば事前にお問い合わせください
概ね3年以上の臨床経験を有すること
常に向上心を持って学び続けられる方

応募の流れ

課題作文についてご提出いただけない例が多数ございます。よくお読みいただき、記載の通りにエントリーをお願いいたします。

次の①②両方の送信をお願いいたします。
①「OVA相談員(常勤)エントリーフォーム」 への記入・送信
②課題作文「共感的理解・共感的かかわり」(400~1000字程度)のメール送付

「相談員募集(記入日・名前)」をダウンロード後、作文を記入の上、 saiyo■ova-japan.org までご送付ください(■→@へご変換ください) 。
※課題作文のファイル名は、「記入日」に作成年月日を、「名前」に応募者の方のお名前をご記載ください。
書類選考
・面接をお願いする方のみ、 履歴書・職務経歴書の事前提出のお願いと、面接の時間調整の連絡をいたします
面接(代表・相談員による面接 ※複数回を予定)
面接による選考後、採用となる方にのみご連絡します


※書面でご提出いただいた書類は返却いたしません。
※入手した個人情報は、個人情報に関する法令および当法人の規程にもとづき適切に管理および処理するとともに、正当な理由なく第三者への開示を行うことはありません。

ご質問や応募前に相談されたい方は、お気軽にお問い合わせください。
saiyo■ova-japan.org (■→@ へご変換ください。)

※当法人にお問い合わせ頂く場合は、上記アドレスからのメール(当法人からの返信)を受信できる設定にしていただきますよう、お願いいいたします。

更新履歴
・2020年11月5日 勤務地の項目に加筆しました
・2020年11月10日 求める人物像に臨床経験を追記いたしました


URL
TBURL
Return Top