夜回り2.0とは

夜回り2.0(IneternetGatekeeper)とは

情報疫学 Google Adwords(検索エンジンGoogleの検索結果に連動してWeb広告を掲載するサービス)を利用し(*注1)、 自殺関連語の検索をした人に対して相談を受ける旨の広告を出し、 その上で相談を(主に)メールまたはSkype等の通話アプリ等を介して受け、 相談者それぞれの問題を明確化し、現物の医療・福祉等の援助資源につなげるという オンライン上でのゲートキーパー活動(ハイリスクアプローチ)。 ※NPO法人OVAはGoogle AdwordsのNPO向けプラン「Google Ad Grants」を利用し、広告費の助成を受けています。

新しいアウトリーチの考え方


  アウトリーチ(Outreach)とは「手を伸ばす/差し伸べる」などを意味し、 問題を抱えた人などが相談機関に訪れるのを待つという態度ではなく、 こちらから積極的に出向いていく(手を伸ばす)というものです。 例えば往診、訪問看護、Assertive Community Treatment (ACT) などがこれにあたりますが、 それらのアウトリーチとは、対象者がすでに「特定」されており、 そのうえで足を運んでケアを提供しようというものです。 しかし、自ら助けを求める力(援助希求能力)すらなくなっている/ない人も沢山います。 「夜回り活動」は水谷修氏やその他のNPO活動が行っているものであり、 非行少年・家出少女、ホームレスと思わる人を夜の街で目視で確認し、声をかけ 必要であれば支援するものであり、より積極的なアウトリーチと言えます。 しかし、自殺の危機にある人を 夜の街を見回っても特定することはほとんど困難です。 (できるとしたら、それらは自殺のハイリスク地と呼ばれるところでの見回り活動です。) そこで、OVAではマーケティングの手法を使い (自殺念慮をもった人の検索行動に注目し、検索連動広告/リスティング広告を使用することで) 自殺念慮をを特定し、アウトリーチする手法「夜回り2.0」を開発しました。 それらは全てインターネット上で行い、全て自動化されています。 一部の地域や時間も限定することができます。    

情報疫学(infodemiology)の具現


情報疫学 夜回り2.0の取り組みはマーケティングの考え・手法から開発していますが、 情報疫学(infodemiology)に関する研究の発展と連動したものでもあります。 情報疫学とは、インターネットを中心とした 電子メディア内に散在する情報をリアルタイムで収集・分析することで 地域全体の健康への脅威を扱うアプローチです。 具体的には検索エンジンを 特定の病気や社会的なリスク/問題を抱えた人々を 抽出するための「スクリーニング」とみなす事ができるということです。 Googleの検索クエリからインフルエンザの流行を予測するといった 「Googleインフルトレンド」が情報疫学の嚆矢となっていますが 現在では、疾病のみならず、自殺についても多数の研究が、 自殺に関するウェブ検索と自殺の危険性との間に関連があることを示しています。 すなわち自殺に関連した用語を検索エンジンで調べた 一部の人達は自殺によって亡くなる、ということです。 そのためOVAでは検索エンジンを自殺ハイリスク者を割り出すためのスクリーニングと見なし、 特定、介入し、適切な援助資源につないでいく活動をしています。

夜回り2.0協力者(Partner)


  日本で唯一「ネットと自殺」について研究している 和光大学の末木新先生と協力関係にあります。 末木新先生の詳しいプロフィールはコチラです 運営ブログ:自殺・臨床心理学 著作:『自殺予防の基礎知識 - 多角的な視点から自殺を理解する-』 『インターネットは自殺を防げるか: ウェブコミュニティの臨床心理学とその実践』  

夜回り2.0名称の由来


  1501151840267621インターネットゲートキーパー活動と伝えても 一般の方が理解しにくいため、夜回り2.0と活動を称しています。 「夜回り」は水谷修氏や各NPOが行っているもので、 例えば非行少年・ホームレス状態にある人などにこちらから声をかけ、 必要であれば相談・支援を行うアウトリーチ活動です。 しかし自殺念慮を持った人は目に見えないため、 アウトリーチそのものが困難です。 そこで、夜回り2.0は自殺の危機にある人の情報収集の行動、具体的には スマホや各種デバイスから行う検索行動に注目し、 ネット広告を使う事で自殺念慮/希死念慮を持った人への アウトリーチまでをウェブ上で自動化させました。 夜回り活動をウェブ上で「アップデート」した、 という意味で「2.0」という名称をつけています。  

夜回り2.0の特色/可能にしたこと


  ・ネット広告によって自殺ハイリスク者を「特定」し、アウトリーチできるようになった。 (新しいハイリスクアプローチ) ・地域を限定したアウトリーチが可能。 (例えば東京都にいるハイリスク者だけにアウトリーチが可能) ・主にメール等で介入し、継続的な相談を受け、 相談者の問題を見立て、医療や福祉等の必要な社会資源につなぐ事ができた。 ・自殺の危機にある人、一人ににリーチするための広告費用は約137円(CPA)で可能。 (第1期夜回り2.0で計算)リソース対効果が測定可能。 ・精神保健福祉士などの対人援助職が相談員。 (今後も、原則として専門家のみを相談員にする予定です)

夜回り2.0の成果

 

研究・論文実績

「ネットと自殺予防」研究について第一人者である 和光大学の 末木 新先生とパートナーシップを結んでいます。
■こころの科学 伊藤次郎(2016). インターネット・ゲートキーパーの現場から こころの科学, 186. こころの科学_186
■Crisis Sueki, H., & Ito, J. (2015) Suicide prevention through online gatekeeping using search advertising techniques: A feasibility study. Crisis 36(4), 267-273.crisis_cover
■最新精神医学 末木新・伊藤次郎 (2015). インターネットを使った自殺予防:ゲートキーパー活動におけるリアルとネットの融合 最新精神医学, 20(3), 213–219. 最新精神医学
■精神科治療学 末木新・伊藤次郎 (2015). インターネットを用いた自殺予防の試み:夜回り2.0における援助事例 精神科治療学, 30(4), 505–509. 精神科治療学30_4
→メディア掲載・講演の履歴はこちら
なお、心苦しいのですが、本サイトからは相談をうけておりません。 こちらから相談窓口を探されてください

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top