アウトリーチ拡大コンサルティング

制度の狭間の「見えないニーズ」に支援を届ける
アウトリーチ拡大コンサルティング

「支援を必要としている人に自分たちの事業が届いていない」
「今より多くの人に支援を届けたい」
「課題を抱えていても相談に来てくれない」

OVAは支援機関の情報発信とアウトリーチをサポートし、このような課題を解決しています。

なぜ情報発信が必要か

周囲に迷惑をかけたくない、「支援者」を信頼できない、相談してもどうせ意味がない。
このような心理的なハードルを抱えていたり、そもそも情報が届いていないなど
さまざまな要因によって、福祉やサポートにつながらない「見えない支援ニーズ」が存在します。

「見えない支援ニーズ」をキャッチして支援を提供するためには、支援者側から積極的に情報を届ける必要があります。

私たちは自殺対策分野で培った情報発信のノウハウを広め、
「困難を抱えたときに孤立しない社会」を目指します。

OVAのアプローチ

私たちは2013年の活動開始以来「困っている人が必要な支援につながっていない」現状
を優先的に解決すべきだと考えています。

多分野・多領域で「困っている人が支援にアクセスできる」仕組みを、多機関連携で広めます。

3つのポイント

テクノロジーの活用

ネット相談、LPO、ウェブ広告、SNSなどの多様な手法を用いて、効果的に支援を届けます。

マーケティング思考の活用

情報発信を定量的に測定し、支援現場の変化と照らし合わせることで、継続的な評価改善を行います。

学術的知見の活用

国内外のエビデンスに基づいて当事者の心理や行動を理論的に分析し、再現性のある施策を実施します。

支援機関の取り組みをサポートします

私たちは相談支援で培ったノウハウの発信や、他機関の情報発信のサポートを通して
「支援が届かない問題」の解決を進めています。

貴機関の抱える「支援が届かない問題」解決を、様々な角度からお手伝いします。

「制度の狭間にいる」「ニーズが把握できない」「支援までたどり着かない」。
潜在的な相談者に支援が届きにくい要因を、講義を通して理論的に整理します。
グループワークでは、理論をもとに実際にアウトリーチ施策を考えます。
当事者を想像しながら施策を作るプロセスを身に着ける研修です。

OVA主催の研修のご参加頂けるだけでなく、ご依頼頂いて実施する多機関合同開催、団体内開催も実施しています。
アウトリーチや情報発信の施策の検討や、当事者への理解を深める機会に活用下さい。

第1回アウトリーチ研修 自主開催ご報告
training

アウトリーチ・情報発信の施策実行をサポートします。

機関として支援したい対象者の整理・深掘りから一緒に実施いたします。
最適な情報発信ツールの検討、ツール導入のお手伝いや体制整備を一貫してお手伝いしています。

OVAは2013年より、自殺の危機にある方へのネット相談を行ってきました。
メール・チャット・コミュニケーションアプリを使ったネット相談の実践をもとに、研修の開催や支援機関が導入する際のサポートを行っています。

「ネット相談を開始したい」「ネット相談のメリットデメリットについて知りたい」「体系的なノウハウを探している」といったご事情に合わせて、研修や導入支援を実施しています。

※研修資料のイメージ

「支援が届きにくい人に届ける取り組み」を積極的に行っている機関へのインタビューを記事にして発信しています。

40団体以上を対象にした調査結果を冊子にまとめて公開して、「支援が届きにくい問題」の構造的な分析を進めています。

調査結果をもとに作成した冊子
アウトリーチの実践に今日から使えるメソッド集

協働実績

※詳細なレポートをご覧いただきたい場合は、フォームからお問い合わせください。

lhlogo - コピー

NPO法人ライトハウス

人身取引被害にあっている若年女性への相談支援

Google広告、Twitter広告、相談用サイトの作成・運用をお手伝いしています。
画像被害や人身取引被害に関して検索する方に広告を掲載し、特設サイトから相談を受け付けています。
2018年10月より、月間平均500人が相談サイトにアクセスし、約11%が何かしらの相談行動を起こしました。

orange-ribbon

認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク
(オレンジリボン運動)

子育ての悩みを抱える方への情報提供

Google広告と相談用サイトの改訂によって、ネットを活用したアプローチを検証しました。
子育ての悩みに関して検索する方に広告を表示し、サイト上から地域の支援機関検索を促しました。
81日間で6,000回以上のアクセスが発生し、約13%が何かしらの相談行動を起こしました。

ICTを用いた「孤」育て予防の可能性(取り組み報告)
http://www.orangeribbon.jp/info/npo/2019/04/ict.php

hyogo

兵庫県障害福祉課

自殺対策を目的とした相談窓口案内

Google広告の導入と運用を行いました。
自殺や各種生活課題に関して検索した方に広告を表示し、県の相談窓口一覧ページに移動する動線を設けました。

兵庫県自殺対策計画「主な取り組み」に掲載されています
https://web.pref.hyogo.lg.jp/governor/documents/g_kaiken20180521_02.pdf

お手伝いするメンバー

ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)
学習院大学法学科卒業。

メンタルヘルス対策を企業等に提供する人事コンサルティング会社(EAPプロバイダー)を経て、精神保健福祉士・産業カウンセラー等の資格を取得後、精神科クリニックにて勤務。
主にうつ病で休職しているビジネスパーソンの復職支援を行うなど、働く人のメンタルヘルス対策に従事した。

2013年6月末に日本の若者の自殺が深刻な状況にあることに問題意識が芽生え、
マーケティングの手法で自殺ハイリスクの若者のリーチしようと「夜回り2.0(インターネット・ゲートキーパー活動)」の手法を開発・実施し、NPO法人OVAを設立した(2014年)。

2017年に起きた座間市における事件後には、ロサンゼルスタイムズ、朝日新聞「社説」など国内外のマスメディアに多数コメントが掲載され、規制よりも支援・受け皿の必要性を訴えた。内閣官房の有識者ヒアリングや関係省庁へ要望書を通じて、ネット上にあふれる若者のSOSの現状とニーズに合わせたインターネット上での相談窓口設置の重要性を国に訴えた。

自治体協働、ウェブ広告運用、各種事業推進等を担当。
個人情報保護士。

一橋大学在学中の2014年にOVAのことを知り、寄付会員に。
在学中に国際医療にかかわるNGOでのファンドレイジング活動や、 寄付や消費者心理、クラウドファンディングの研究を行う。
大学卒業後に医療機器メーカーに営業職として就職。大阪で遠隔インターンとして、ファンドレイジングの企画や海外文献の調査に関わる。
2017年4月に事務局ファンドレイザーとして入職。

お問い合わせ・資料請求

OVA主催研修へのご参加
「支援が届きにくい方にどう届けるか」について理解を深める研修を定期的に実施しています。

最新情報はメールマガジンまたはTwitterfacebookからご確認下さい。

依頼研修を開催・資料を請求
団体内・多団体合同での研修開催のご依頼を受け付けております。

下記フォームより、資料のご請求・ご相談をご依頼いただけます。

*は必須項目です

資料を請求したい・研修を依頼したい・コンサルティングを依頼したい 等ご記入ください
こちらからご覧いただけます

Return Top

OVAを応援してくれる
サポーターを募集中!