よく見つけてくれました!!

Toggle

チームプロフィール


代表理事 伊藤次郎(Jiro ITO)

NPO法人Socal Change Agency (SCA) 理事
資格:ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)/ストレスチェック実施者 学習院大学法学科卒業。
メンタルヘルス対策を企業に提供する人事コンサルティング会社(EAPプロバイダー)を経て、
精神保健福祉士・産業カウンセラー等の資格を取得後、精神科クリニックにて勤務。
主にうつ病で休職しているビジネスパーソンの復職支援を行った。
2013年6月末に日本の若者の自殺が深刻な状況にあることに問題意識が芽生え、
マーケティングの手法で自殺ハイリスクの若者のリーチしようと
「夜回り2.0(InternetGatekeeper)」の手法を開発・実施し、NPO法人OVAを設立した。

事務局スタッフ

事務局スタッフブログ

土田 毅
一橋大学在学中の2014年にOVAのことを知り、寄付会員に。 在学中に国際医療にかかわるNGOでのファンドレイジング活動や、 寄付や消費者心理、クラウドファンディングの研究を行う。 大学卒業後に医療機器メーカーに営業職として就職。 大阪で遠隔インターンとして、ファンドレイジングの企画や海外文献の調査に関わる。 2017年4月に事務局ファンドレイザーとして入職。

LIN LONGPING
鹿児島生まれ、横浜国立大学教育人間科学部卒。 学部卒業後、自治体向け販売業を営む企業で営業職を経験後、 2017年6月よりNPO法人OVA労務・経理・総務担当。 在学中は、個人がよりよく生きられる社会づくりに関心を持ち、 HIV/エイズの予防啓発活動や、国際協力・環境活動界隈での イベント企画・運営などに取り組みながら、 大学では、難民・移民・LGBT・女性など立場が 弱いとされる人々の法的・社会的立場の研究を行った。 現在の関心は、社会保障(社会保険・ベーシックインカム・資源分配の仕組み)。

相談員

相談員Y
NPO法人OVA シニアコンサルタント 修士(臨床心理学/東京学芸大学大学院) 臨床心理士。精神保健福祉士。 単科精神病院にて、入院患者様を対象としたグループワーク(心理教育・SST)、カウンセリング、 心理検査(ウェクスラー知能検査・ロールシャッハテスト等)の心理業務に携わる。 また、外来患者様を対象としたデイケアやもの忘れ外来、 ご家族を対象とした心理教育プログラムや家族SSTなども行う。 併せて、精神保健福祉士として、退院援助なども行ってきた。

相談員K
臨床心理士。理系国立大学卒業後、中央省庁へ入省。
退職後、専修大学大学院文学研究科修士課程に進学。大学院修了後、精神科専門病院にカウンセラーとして勤務。メンタルクリニック勤務、短期大学講師、スクールカウンセラーなどを経て、現在は大学心理教育相談室カウンセラー、開業臨床をつとめる。
京都大学大学院博士後期課程在学中。

相談員F
修士(心理学)/臨床心理士。 中堅の心理専門職として、様々な大学等の学生相談室に勤務し、主に青年を対象にしたカウンセリング・心理療法のほか教職員研修の講師も務める。これまでには精神科医療機関やスクールカウンセリングなどにも従事し、大学教員や非常勤講師としての教育歴もある。現在は臨床実践の傍ら,京都大学大学院博士後期課程に在籍し、自殺の問題に臨む心理臨床家に対する支援や教育訓練に関する研究に取り組んでいる。コミュニケーションにおけるオンライン・ツールの活用にも関心をもっている。

相談員H
精神保健福祉士。10代で高校を中退後、大学検定(現高卒認定)を取得し、大学で心理学を学ぶ。卒業後、青年海外協力隊や教育・福祉関係の仕事に携わった後、精神保健福祉士の資格を取得。その後、家庭の都合で数年ごとに海外を転居する生活を送ってきた経験から海外在住日本人・日本在住外国人のメンタルヘルスや異文化交流に特に関心を持っている

相談員N
NPO法人OVA コンサルタント。修士(社会科学)/臨床心理士。資格取得後、高齢者向けのデイケアで心理検査テスターやグループファシリテーターを務める。現在は総合病院の精神科・児童精神科において、心理検査やカウンセリング・グループセラピーに携わっている。また、地域の心理教育相談センターにおいても相談業務を行っている。臨床家の訓練や成長にも関心があり、お茶の水女子大学大学院博士後期課程在学中。

相談員A
NPO法人OVA コンサルタント
修士(心理学)
国立大学大学院 博士後期課程在学中 

相談員T
精神保健福祉士・社会福祉士。東北地方の精神科病院にて、外来支援、退院支援に従事。関心領域は自傷行為。

相談員F
NPO法人OVA コンサルタント修士(心理学)/臨床心理士。保育士・幼稚園教諭免許。

活動についてさらに知る

メルマガで情報を受け取る

メールマガジンに登録すると、毎月の活動報告やイベントの案内を受け取ることができます。

FBで情報を受け取る

OVAはFacebookのファンページを持っています。 こちらで、定期的に情報を受け取ることができます。

今すぐ支援する

追い込まれ、耐え難い苦痛を抱え「自殺」を考えている 若者・子どもを見つけ、支えるOVAをサポートしてください。

夜回り2.0とは

アドテクノロジーによって自殺に追い込まれている人を特定し、現実の社会資源につなぐことを可能にした”世界的にも前例がない”ハイリスクアプローチです。

OVAについて

OVAは自殺リスクが高い人たちに対人援助職が直接関わる日本で数少ないNPO(非営利団体)です。
Return Top