事務局スタッフブログ

ファンドレイザーの紹介 ー事務局スタッフについてー


OVAの事務局ブログをご覧いただいてありがとうございます。
事務局の土田です。

12月より、事務局スタッフが思い思いの記事をブログに載せはじめています。
どのような仕事をしているのか、どのような人が働いているのか、雰囲気が伝われば幸いです。

この記事を書いている人の自己紹介

OVA事務局でファンドレイザーをしている土田と申します。

担当業務は、個人の方から頂くご寄付受付や法人とのやり取りなど、活動に必要な資金集めを全般的に行っています。

元々大学時代にNPOや医療など、特殊な業界の経営やマーケティングの勉強をしていました。
2014年のOVAの活動開始頃に、検索連動広告による支援の仕組みに衝撃を受けて、寄付という形で関わっていました。
大学卒業後は医療機器の会社に就職し、プロボノとしてOVAにかかわっていましたが、機会があり2017年の4月から常勤スタッフとして働いています。

自殺対策で資金調達?

寄付文化が根付いている米国でも、自殺を含むメンタルヘルス分野は資金が集まりにくいと言われています。※
数年前から話題になっているソーシャルビジネスの文脈にも、分野的になかなか乗りづらいテーマなのが現状です。
そのような中で、この問題への解決策を実践してより多くの人に知ってもらう、賛同してもらうことで、社会全体として取り組みが強化されることを目指して活動したいと考えています。

個人的にファンドレイザーとして

まだ社会問題として注目されていない問題や、されていても社会的に「解決できるだろう」という認知がされていない分野で解決策が生まれる環境を作るために、ファンドレイジングにかかわっていきたいと思っています。

OVAのイベントや外部のイベントでお会いした際は、どうぞよろしくお願いいたします!

※参考
https://www.huffingtonpost.com/dr-matt-goldenberg-do-/how-increased-fundraising_b_11079332.html

その他の事務局スタッフブログ

メルマガで情報を受け取る

メールマガジンに登録すると、毎月の活動報告やイベントの案内を受け取ることができます。

FBで情報を受け取る

OVAはFacebookのファンページを持っています。 こちらで、定期的に情報を受け取ることができます。

今すぐ支援する

追い込まれ、耐え難い苦痛を抱え「自殺」を考えている 若者・子どもを見つけ、支えるOVAをサポートしてください。

夜回り2.0とは

アドテクノロジーによって自殺に追い込まれている人を特定し、現実の社会資源につなぐことを可能にした”世界的にも前例がない”ハイリスクアプローチです。

OVAについて

OVAは自殺リスクが高い人たちに対人援助職が直接関わる日本で数少ないNPO(非営利団体)です。
Return Top