お知らせ

【満員のため締め切りました】専門職向ゲートキーパー研修開催


2017年7回目となる、自殺の危機介入研修を3月9日に開催いたします。
私たちは相談活動を通して、現場で若者支援にあたっている方たちから、
「若者の死にたいという声にどう対応すればいいのか」
「本当に自殺の危険があるのかどう判断するのか」といった声を多く聞いてきました。

本研修ではそのような疑問を解消し、
特に若者の相談者の自殺の危険性を評価し、かかわり方の
指針を得られることを目的としています。

自殺予防・若者相談に関する実証的・統計的なデータと、
私たちの臨床経験に基づいた研修を提供いたします。

お申込み方法
メールもしくはページ下部のフォームからお申込み下さい。
宛先:info@ova-japan.org
件名:「3/9研修申し込み」
本文:ご所属、メールアドレス
【研修内容のチラシはこちら】

開催概要
日時:2018年3月9日(金) 13時~17時(開場:12時45分)
場所:日本財団大会議室 港区赤坂1-2-2
参加費:3000円(現金での受付になります)
対象:行政機関・NPO法人・社会福祉法人等で対人援助をされている方、
   ソーシャルワーカー・カウンセラー・保健師等の方、医療関係者の方等
定員:40名まで
講師:NPO法人OVA代表理事/精神保健福祉士 伊藤次郎(プロフィール
NPO法人OVAシニアコンサルタント/臨床心理士・精神保健福祉士 清水幸恵
助成:日本財団

プログラム内容
全4時間の講座です。
第1部「若者の自殺の現状を知る」
   臨床に活かすための自殺の統計と現状
   ・自殺に関する統計的データ
   ・年間自殺者数/自殺率/致死率と性別/未遂率の性差
   ・年齢・職業・曜日・配偶者・遺書の有無/国際比較等

第2部「どのように自殺のリスクを測るのか」
   自殺の危険因子と理解とリスクアセスメントの方法
   ・自殺の危険因子と偽陰性
   ・自殺に追い詰められる心理

第3部「事例を通したケースの理解」
   「死にたい」と訴える若者の理解とアセスメント

第4部「自殺の危機にある人にどう関わるか」
   危機介入方法のポイント
   ・支援者の逆転移
   ・チームによる支援/バーンアウトの予防

お申込み方法
メールもしくは下記フォームでお申込み下さい。
宛先:info@ova-japan.org
件名:「3/9研修申し込み」
本文:ご所属、メールアドレス
【研修内容のチラシはこちら】

お問い合わせ先
info@ova-japan.org
事務局 土田

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


メルマガで情報を受け取る

メールマガジンに登録すると、毎月の活動報告やイベントの案内を受け取ることができます。

FBで情報を受け取る

OVAはFacebookのファンページを持っています。 こちらで、定期的に情報を受け取ることができます。

今すぐ支援する

追い込まれ、耐え難い苦痛を抱え「自殺」を考えている 若者・子どもを見つけ、支えるOVAをサポートしてください。

夜回り2.0とは

アドテクノロジーによって自殺に追い込まれている人を特定し、現実の社会資源につなぐことを可能にした”世界的にも前例がない”ハイリスクアプローチです。

OVAについて

OVAは自殺リスクが高い人たちに対人援助職が直接関わる日本で数少ないNPO(非営利団体)です。
Return Top