お知らせ

末木新先生の著作に掲載頂いています

NPO法人OVAがパートナーシップを結んでいる末木新准教授(和光大学)の
『自殺対策の新しい形―インターネット,ゲートキーパー,自殺予防への態度―』
が2019年1月31日に出版されました。

弊団体のインターネット・ゲートキーパー活動について、具体的な内容が第二部に約50ページほどにわたり書かれています。

以下は書籍の内容です

―――――――――――――――――――――――
第1部 続・インターネットは自殺を防げるか?
 第1章 ウェブ・コミュニティでの相談は自殺リスクを下げるか?
 第2章 ツイッターで「死にたい」とつぶやく人は本当に自殺するのか?
 第3章 自殺予防のためにインターネットはどのように活用されているのか?

第2部 夜回り2.0
 第4章 夜回り2.0開始
 第5章 夜回り2.0における介入の理論的背景
 第6章 夜回り2.0の成果
 第7章 夜回り2.0は誰に対して有効か?
 第8章 夜回り2.0における失敗事例

第3部 自殺予防への態度と啓発活動 ─主に金銭的観点から─
 第9章 自殺予防に税金の支払いや寄付をしたいか?
 第10章 自殺予防への支払意思額を低める要因とは?
 第11章 自殺予防への支払意思額は変えられるか?
 第12章 自殺対策への税金投入に強固に反対しているのは誰か?

第4部 自殺対策の未来
 第13章 自殺対策の課題
 第14章 パターナリズム批判を超えて─自殺予防の新しい形
―――――――――――――――――――――――

引用・詳細:http://www.nakanishiya.co.jp/book/b431846.html


URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top